色鉛筆で簡単に色付けできるプラバンの作り方


こんにちは!あなたはプラバンを作ったことがありますか?

実はプラバンには色鉛筆で色をつけることができるんです。

この記事では、色鉛筆で簡単に色付けできるプラバンの作り方をご紹介します。

ぜひ最後まで見ていってくださいね♪

 

それではいってみましょう!

【材料】


・プラバン

・色鉛筆

・油性ペン

・はさみ

・やすり

・穴あけパンチ

・アルミホイル

・はし

・厚い本

 

今回はダイソーで売っていた「プラバンキュコット(透明)」を使って、動物のプラバンを作っていきます。

 

①まずはプラバンに何を書くか決めましょう。絵が苦手な方はインターネット上にある、フリーイラストを使うのがおすすめです。

フリーイラストを使う場合は紙にプリントしましょう。


②プリントしたイラストのまわりをはさみで切ります。


③次にプラバンの片面にやすりをかけます。こうすることで、プラバンに色鉛筆で着色できるようになります。


☆やすりをかける時には、全体が均一になるように気を付けます。一方向だけにかけるより、縦・横・ななめ・円を描くなどのように色々な方法でやった方がキレイにできあがります。

④やすりをかけ終わったら、イラストを油性ペンでプラバンに写します。イラストを写す時には、テープで紙を固定するといいですよ。


⑤ペンで写したら、紙を外します。


⑥次に色鉛筆で色をつけていきます。オーブンで焼くと濃い色になるので、ぬる時は「薄めかな」と思うくらいがおすすめです。


⑦着色が終わったら、プラバンをはさみで好きな形にカットします。角を丸くしておくと安全です。


☆キーホルダーにする場合は、好きな場所に穴あけパンチで穴をあけます。

⑧オーブンの準備をしましょう。今回は余熱200度で2分に設定しました。


☆必ず余熱をしましょう。均等に熱が加わらないと変な曲がり方になってしまいます。

☆オーブンレンジでも「オーブン」を使えば大丈夫です。

☆レンジやプラバンによって、ちょうどいい温度や時間は変わってくるので、まずはプラバンの余りで、温度や時間調整をするといいですよ。

⑨余熱している間に、アルミホイルの準備をします。アルミホイルはくしゃくしゃにして広げ、裏面(光っていない方)の上にしてプラバンをのせます。


☆アルミホイルをくしゃくしゃにするのは、プラバンがくっつかないようにするためです。

⑩余熱が完了したら、アルミホイルの上にプラバンをのせたまま、オーブンの中に入れます。


☆とても熱いので注意してください。

⑪加熱して縮めます。一度大きくそりかえりますが、しばらくすると平らになります。縮まなくなったら、スイッチを切ってオーブンからプラバンを取り出します。

☆加熱設定は2分にしましたが、1分弱で縮み終わります。縮み終わったら、すぐに取り出しましょう。

⑫プラバンをはしではさんでつまみ上げ、厚い本にはさんで、そりを直します。


☆熱いうちにはさんだ方がきれいな形になります。

⑬本から取り出して、キーホルダーやひもを好きなようにつけます。

【完成品】


【まとめ】

どうでしたか?

コツをつかむと意外と簡単に作ることができます。

ぜひ一度作ってみてくださいね。

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ