天の川の作り方!夜空の光を折り紙で表現してみた!

「天の川の作り方は、知っていますか?」

スポンサーリンク


天の川は、一年に一度

織姫と彦星が逢える場所として

有名ですよね。

 

実際に、夏に夜空を見上げると、

雲のような光の帯を見ることができます。

 

実は、これが天の川で、

私たちの太陽系がある銀河のことなんですよ。

 

今回は、

折り紙で作る天の川の折り方

ご紹介します。

 

その他の七夕飾りの作り方は、

こちらで詳しくご説明しています。
↓ ↓
折り紙で七夕飾りの作り方まとめ!簡単な折り方を紹介します!

 

ぜひ、参考にしてみて下さいね♪

スポンサーリンク


天の川の折り方

①点線の位置で、折り筋をつけます。

001
 

②点線の位置で、中心に合わせて折ります。

002
 

③点線の位置で、中心に合わせて折ります。

003
 

④左右に広げます。

009
 

⑤折り筋に合わせて、ジャバラに折ります。

004
 

005
 

⑥先端を少し残して、1cmの幅で

線を引きます。

006
 

⑦反対側も先端を少し残して、1cmの幅で

線を引きます。

007
 

⑧線に沿って、ハサミで切ります。

左右に、丁寧に広げます。

008
 

⑨縦に伸ばして、網状にします。

010
 

⑩完成です。

折り紙で七夕飾りの天の川を作った
 

まとめ

細かいきれいな網状の天の川が

出来上がりました。

 

ハサミで切る幅は、1cmじゃなくても

好きな幅でOKですよ。

スポンサーリンク

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ