レインボールームの作り方No.32 ト音記号のチャーム①

「ト音記号のチャームの作り方は、

知っていますか?」

スポンサーリンク


ト音記号は、音部記号で

ヴァイオリン記号とも呼ばれています。

 

アルファベットのGの文字が、

変化したものと言われているんですよ。

 

今回は、

ト音記号のチャームの作り方

ご紹介します。

 

その他のレインボールームの作り方は、

こちらで詳しくご紹介しています。
↓ ↓
レインボールームの作り方まとめ!編み方を画像でわかりやすく!

 

ぜひ、参考にしてみて下さいね♪


スポンサーリンク


ト音記号のチャームの作り方

今回は、1色の輪ゴムを使って

作っていきます。

 

【材料】


  • A色(紫)×81本
  • ルーム
 

パーツの作り方①


最初に、ト音記号のパーツの部分を

作ります。


①ピンの切れこみが上を向くように、

ルームを置きます。

030
 

②Aの輪ゴム2本を、右のピンにかけます。

031
 

③右ののピンにかけたAの輪ゴムの上から、

Aの輪ゴム2本を、上のピンにかけます。

032
 

④手順③を、一番上まで繰り返します。

033
 

⑤Aの輪ゴム2本を、左のピンにかけます。

034
 

⑥左のピンにかけたAの輪ゴムの上から、

Aの輪ゴム2本を、上のピンにかけます。

035
 

⑦手順⑥を、写真の位置まで繰り返します。

036
 

⑧Aの輪ゴムを、三重にします。

037
 

⑨Aの輪ゴムがかかっている左のピンの

一番上に、三重にしたままかけます。

038
 

⑩ピンの切れこみが下を向くように、

ルームを置きます。

039
 

⑪ピンの内側から、上のピンにかかっている

Aの輪ゴム2本を、フックに引っかけます。

040
 

⑫そのまま引っ張って、上のピンにかけます。

041
 

⑬手順⑪~⑫を、一番上まで繰り返します。

042
 

⑭Aの輪ゴムを、写真の位置までピンから

外します。

043
 

⑮輪ゴムの下に、フックを通します。

044
 

⑯そのまま輪ゴムを引っかけて、ピンから

外します。

045
 

⑰フックにかかっているAの輪ゴム4本を、

一番下の左のピンにかかっている

Aの輪ゴムの上にかけます。

046
 

⑱ピンの内側から、上のピンにかかっている

Aの輪ゴム2本を、フックに引っかけます。

047
 

⑲そのまま引っ張って、上のピンにかけます。

048
 

⑳手順⑱~⑲を、一番上まで繰り返します。

049
 

㉑Aの輪ゴムを、写真の位置までピンから

外します。

050
 

㉒輪ゴムの下に、フックを通します。

051
 

㉓そのまま輪ゴムを引っかけて、ピンから

外します。

052
 

これで、ト音記号のパーツがひとつ

完成しました!

 

この後の手順は、こちらでご紹介しますね。
↓ ↓
レインボールームの作り方No.32 ト音記号のチャーム②

 

それでは、続きをどうぞ♪

スポンサーリンク

2 Responses to “レインボールームの作り方No.32 ト音記号のチャーム①”

  1. カラメルミルク⛄ より:

    可愛くできました

    • 管理人 より:

      カラメルミルクさん
      コメントありがとうございます。

      気に入ってもらえて、嬉しいです^^

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ