鬼のお面の作り方!節分に子供と一緒に手作りしよう!

「今年の節分は、鬼のお面を作ってみようかな~」

って、思っていませんか?

スポンサーリンク



毎年、節分には豆まきを欠かさずにやっている。

 

いつもは適当に豆をまいて終わりだけれど、

今年はちゃんと鬼の役目をしようかな。

 

でも、お面なんて作ったことがないから、

作り方がわからない・・・

 

そんなあなたの為に、

節分にぴったりな鬼のお面の作り方

2種類ご紹介します。

 

節分の鬼の衣装の作り方は、

こちらで詳しくご説明しています。
↓ ↓
節分の衣装を手作り!鬼のパンツの作り方をわかりやすく解説!

 

ぜひ、参考にしてみて下さいね♪

スポンサーリンク


鬼のお面の作り方 No.1

①鬼のイラストを用意します。

016

 

写真のイラストは、ここからダウンロードできます
↓ ↓
レッツエンジョイ東京

 

②鬼のイラストを、ハサミで切り取ります。

018

 

③目と耳の穴を、カッターでくりぬきます。

019

 

④耳の穴に、輪ゴムを通します。

020

 

⑤完成です。

節分の鬼のお面を作ってみた

 

鬼のお面の作り方 No.2

①鬼のイラストを用意します。

017

 

写真のイラストは、ここからダウンロードできます
↓ ↓
キャノンクリエイティブパーク

 

②鬼のイラストと帯を、ハサミで切り取ります。

023

 

③次に、帯を作ります。

点線の位置で、裏側に折ります。

024

 

④緑の丸の部分にのりを付けて、貼り付けます。

025

026

 

⑤点線の位置で、折ります。

027

 

⑥耳の部分を、のりで貼り合わせます。

029

030

 

⑦顔に耳を、のりで貼りつけます。

032

 

⑧点線の位置で折って、輪ゴムを挟みます。

033

034

 

⑨緑の丸の部分にのりを付けて、貼り付けます。

035

 

⑩同じようにして、もう片方の帯と繋ぎ合わせます。

036

 

⑪完成です。

節分の鬼のお面を手作りした

 

まとめ

今回は、輪ゴムを耳にかけるタイプと、

帯で留めるタイプの2種類を作りました。

 

長さが足りない場合は、輪ゴムを足して

調節して下さいね。

スポンサーリンク

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ