タバコの害について調べてみよう!


タ格好いいモデルや俳優、音楽バンドの人が

格好良くタバコを吸っている姿を見て、憧れた事はないですか?

でも未成年はタバコを吸ってはいけません。

何故でしょう?タバコがもたらす害について調べてみましょう。

 

そもそも何故タバコには害があるのでしょうか。

原因はタバコに含まれる4000種類もの化学物質にあります。

そのすべてが体に害をもたらすわけではないのですが、少なくとも200種類は有害物質が含まれています。

よく聞くものはニコチン、タール、一酸化炭素ですね。

 

その物質の中には、ペンキ除去剤に含まれているものや、殺虫剤に含まれているもの、車のバッテリーに使われているもの等があります。

見ただけで体に悪そうだとわかりますね。

他にも色々とありますので、少し調べてみましょう。

健康面だけでなく、美容面の被害も気になります。

顔のしわが増えたり、一般的に顔が老けてしまうと言われています。

他にも煙を吸う口の中にも異常を来す場合があります。

歯が黄色くなったり、口臭がしたり…いいところがありませんね。

 

では体に悪いタバコを何故やめられないのでしょうか?

犯人は「ニコチン」です。

ニコチンは依存性の高い物質で、ニコチンが切れてしまうとイライラしたり不安になってしまい、またタバコを吸ってしまいます。

するとまたニコチンが切れ…というループに陥ってしまいます。

 

そして何より問題とされているのは、受動喫煙です。

喫煙者が吸う煙の中の有害物質より、火の付いている側から出ている煙の中の有害物質の方が遥かに多いのです。


タバコの害がわかりましたか?

此処に書いていない事も調べてまとめ、発表してはどうですか?

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ