液体の体積を量ろう!!

100mlの牛乳に100mlの牛乳を足すと200mlの牛乳になりますよね。

ですが、科学の世界ではある液体+ある液体=二つの液体の量(ml)を足した体積とは限りません。

実際に調べてみましょう。


【用意するもの】

・無水エタノール(200ml)

・水(200ml)

・計量カップ(2個あればいいですが、1個でもOK)


まずは無水エタノールを200ml量り、計量カップに入れましょう。

 

無水エタノールは皮膚に直接かかると荒れてしまう場合もあります。

揮発性が高く、火が付きやすいので気を付けて取り扱いましょう。

換気は十分に行って下さい。


水を200ml分量り、無水エタノールの入った計量カップにそっと流し入れます。

周りに飛び散らないようにそっと入れて下さい。

さて、目盛りを見てみましょう。

 

おや?400mlになるはずが、それより少ないですね。

どうしてでしょうか、まずは自分なりに考えてみましょう。

 

どうしてこんな結果になるのでしょうか。

液体としてではなく、分子として考えましょう。

分子は粒のような形状をしています。

エタノールの分子が水の分子の隙間に入り、水の分子がエタノールの隙間に入り込んだため、体積が減ったのです。

 

では、他の物体ではどうなるでしょう。

大きさの異なる粒状のものを、同じ量用意して足してみます。

その時目盛りはどうなるでしょうか。

色々なパターンを試し、実際どうなったかまとめてみましょう。

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ