車のボンネットや虫眼鏡によって目玉焼きができるか?


卵の黄身は65℃、白身は約75℃程度で凝固します。

放射熱は最大で49℃のため、炎天下のボンネットの上でも、目玉焼きはできません。

ところが、熱の籠ることで知られる車内で実験してみると、目玉焼きができることがあります。

なぜなら、真夏のダッシュボードの温度は最高で74℃になるためです。


ほかにはレンズは光を集める、虫めがねでも目玉焼きができます。

卵の回りを断熱すれば、低温でも目玉焼きになります。

太陽光の赤外線が物体に当たるとエネルギーが熱として吸収され物体の温度が上昇するので、レンズで集光するとこのエネルギー密度が高くなり高温となるのです。

この原理を利用したソーラーオーブンという製品もあります。

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ