発泡スチロールを動かしてみよう

【準備するもの】


・発泡スチロール

・洗剤

・水


1.容器に水を入れ、発泡スチロールを浮かします。


2.洗剤を垂らします。


3.洗剤を垂らした瞬間、発泡スチロールが端に向かって動き出します。


4.ここまで動きました。

 

【解説】

水には、表面張力という物体を引っ張る力が働いています。

洗剤を垂らしたことで、表面張力が弱まります。

水が発泡スチロールを引っ張る力が弱まったことで、反対側の水面張力に引っ張られ、発泡スチロールが動きました。

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ