卵を水に浮かせてみよう!

卵は水に沈みますが、あるものを加えるだけで浮かせる事ができます。

早速やってみましょう。

 

【用意するもの】

・計量カップ

・水400ml

・塩150g

・卵一個

・計り


水を計量カップに量り、卵を入れて沈むのを確認します。

少しずつ塩を加え、よくかき混ぜます。


卵が浮いた時点で塩の残りがどれくらいか量りましょう。

 

どうして卵が浮き上がったのでしょうか?

 

その秘密は密度です。

1cm³辺りの密度に理由があるのです。

 

水の1cm³あたりの密度は1gで、生卵は1.09gです。

だから卵は水に沈みます。

 

そこで水に塩を加える事により、密度を高めます。

水の密度が卵を超えた時に生卵は浮くのです。

水の密度が高まれば高まるほど、浮力が強くなります。

私たちの身近な例では、海で体が浮きやすいのと同じ理屈ですね。

他にもいろいろなものを水に浮かべてみましょう。

どれぐらいの塩が必要かな?

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ