夜の薬用養命酒で心もからだもスッキリ爽快!

こんにちは、綾乃です。


今日の便秘解消の体験談はこちらになります。



【お名前】

鷹乃さん 24歳 女性


【便秘歴】

20年


【通便の間隔】

1週間に1度


【便秘になったキッカケ】

物心つくころには便秘でした。


幼稚園の送り迎えバスの中でお腹が痛くて泣いていた記憶が最も古い便秘の記憶です。


便秘という言葉を知ったのは小学生の時、母親が連絡票に慢性的便秘と書いているのを見た時でした。


その時まで、みんな2週間に1度のうんちだと思っていました。



スポンサーリンク


鷹乃さんの便秘解消法

今回は鷹乃さんに、このような質問をしてみました。




  • 便秘になって困ったこと
  • 今までで一番効果のあった便秘解消方法
  • この方法を試した感想や体調の変化
  • この他に試したことがある便秘解消法
  • 便秘で悩んでいる方へのアドバイス


それでは早速、見ていきましょう!


便秘になって困ったこと

便秘が続くと下痢になり、すっきりしたかと思えば、また便秘が続き下痢・・・


便秘と下痢を繰り返し、その度にトイレで神様にお願いをしていました。(笑)


ひどい時には、嘔吐を伴う下痢のこともあり、冷や汗をかきながらトイレにこもることが月に1度ある状態。


その繰り返しから、修学旅行や部活動の大会本番の日、下痢になったらどうしようと常に不安でした。


さらに、慢性的な便秘から口臭までも伴うようになり、ガムばかり食べていました。


思春期を迎えるころには、肌の状態もボロボロになり、便秘が続くと顎の下には大きくて芯の太いニキビ、そしてその周りに赤い斑点がブワァーっと広がっていました。


下痢になれば一旦はニキビも収まるものの、また便秘が続き顎の下は常に怪我をしているような状態でした。


今までで一番効果のあった便秘解消方法は?



薬用養命酒 夜20ml


薬用養命酒を夜ご飯の前に、付属のキャップ1杯をそのまま飲むことです。


アルコール度数が気になる方は、お湯で割って飲むことのおすすめです。



【この方法を試した感想や体調の変化】

飲む前のイメージは、ドロッとしていて甘ったるいのかと思っていましたが、液体はサラッとしていました。


甘さは小さい時に病院でもらった風邪薬のような味で苦手な方もいるかもしれませんが、個人的には薬の甘さは好きなので、特に苦手意識はありませんでした。


これまで便秘解消系の食べ物やマッサージ、ツボ押しなど色々と試しましたが、どれも継続的な便秘に効くものがありませんでした。


例えば、ヨーグルト。食べ始め3日間ほどは便通も来るのですが、身体が慣れてくるのか段々と便秘が続くようになり、食べること自体をやめてしまっていました。


しかし、薬用養命酒は飲んですぐに便意が来るというものではなく、次の日気が付けば便意が来てスッキリというもので、毎日継続的に飲むことで便秘が解消されていることが実感できました。


便秘解消だけでなく、睡眠も深くなり、翌朝に疲れが残っていないことも実感しました。


お肌の調子も改善され、吹き出物が出なくなりました。


この他に試したことがある便秘解消法は?

  • ヨーグルト
  • マッサージ
  • ツボ押し
  • 酵素
  • ゴボウ


スポンサーリンク


便秘で悩んでいる方へのアドバイス

便秘の方は見た目にもポッコリお腹にもなり、お肌の調子も便秘に左右されて、なかなか思い通りに生活できない苦しさがあると思います。


人によって原因は様々ですが、便秘という状態が普通の状態では決してありません。


自分自身20年以上、便秘が普通という異常な体調で生活してきました。


便意が来るときは、必ず腹痛を伴うものだと思っていました。


あのころの私からは、毎日便通が来ることなんて全く想像できませんでした。


それでも色々な方法を試してみることで、あなたに合った改善方法が必ず見つかります。


便秘という一つの身体の症状を見るだけでなく、現在の自分の身体の状態をきちんと分析することで、最も適した方法が見つかるのではないでしょうか。


身体との対話を大切にすると良いと思います。



鷹乃さん、ありがとうございました!


その他の便秘解消法はこちらでご紹介しています。
↓  ↓
便秘解消法まとめ!実際に効果のあった方法を紹介します!

ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ