冷え性を改善する方法!効果的な食べ物や飲み物は?

「あ〜、手がかじかむ・・・」


毎年冬が来ると憂鬱になる。


ひどい冷え性のせいで、どんなに厚着をしても寒さに震えている。


特に手足が冷える末端冷え性だから、手袋と靴下の重ね履きは絶対に必要!


だけどいい加減、この冷え性をどうにかしたいな〜


そんなあなたのために、今回は冷え性を改善する方法をご紹介します。

スポンサーリンク


冷え性を改善する方法

東洋医学では、冷えは万病のもとと言われています。


血行が悪く、体のすみずみまで血液が行き渡らないことが原因で起こります。


今回は、次の8種類の方法をご紹介しますね。




  • 鮭の粕汁
  • ニラとくるみの炒め物
  • 生姜ご飯
  • あんず酒
  • 梅醤番茶
  • 大根の干葉湯
  • 唐辛子の足湯
  • ヴァンルージュ(ハーブ)


それでは、順番に見ていきましょう。


鮭の粕汁

発酵食品である酒粕は、体内の血流を良くしてくれるため、体の芯から温まります。


また、全身に栄養を行き渡らせて、老廃物を流してくれる働きもあるんですよ。


【材料】


  • 鮭 適量
  • 酒粕 100g
  • だし汁 400mL
  • 根菜類 適量
  • 塩 少々


【作り方】


①鮭と根菜類を一口大に切ります。

②鍋にだし汁を入れて、根菜類を煮込みます。

③酒粕をだし汁で溶きます。

④③を鍋に加えます。

⑤鮭を鍋に加えて、3〜4分煮ます。

⑥塩で味を整えます。



ニラとくるみの炒め物

ニラは、血液をサラサラにして血行を促進してくれます。


くるみは寒い地域のエネルギー源として、昔から用いられていたんですよ。


【材料】


  • ニラ 250g
  • くるみ 50g
  • ごま油 大さじ1


【作り方】


①くるみの渋皮をむきます。

②①をごま油(分量外)で炒めます。

③ニラを3〜4cmの長さに切ります。

④③をごま油で炒めます。

⑤塩で味を整え、炒めたくるみと混ぜます。


nira

生姜ご飯

生姜の辛味成分には、血行を促進して体を温める作用があります。


そのため新陳代謝が良くなるので、冷え性には効果的なんですよ。


【材料】


  • お米 2合
  • 生姜 30g
  • だし汁 360mL
  • 醤油 小さじ2
  • 酒 大さじ2


【作り方】


①お米をとぎます。

②生姜を細切りにします。

③②を水にさらした後、水気をよく切ります。

④炊飯器に全ての材料を入れて炊きます。



683440 / Pixabay

683440 / Pixabay


あんず酒

あんずは薬用として用いられることが多く、「杏仁(きょうにん)」という漢方薬としても利用されています。



あんず酒を毎晩1杯飲めば、冷え性の改善が期待できるんですよ。


【材料】


  • あんず 1kg
  • 氷砂糖  500g
  • ホワイトリカー 1.8L
  • 保存容器


【作り方】


①あんずはよく洗って、水気を拭き取ります。

②①を保存容器の底に並べます。

③あんずの上に、氷砂糖を入れます。

④容器に、あんずと氷砂糖を交互に詰めていきます。

⑤あんずと氷砂糖をすべて入れたら、ホワイトリカーを注ぎます。

⑥3ヶ月以上漬け込みます。


a0002_012049

梅醤番茶

梅干の成分が、体の芯の冷えまで取り除いてくれます。


冷え対策の食材として有名な生姜を加えることで、冷え対策に最強の飲み物になるんですよ。


【材料】


  • 梅干し 1個
  • 醤油 小さじ1
  • 生姜汁 少々
  • 番茶


【作り方】


①梅干しを湯呑みなどに入れます。

②①に醤油とすりおろした生姜の汁を加ます。

③梅干しをほぐして、熱い番茶を注ぎます。


a0002_004851

大根の干葉湯(ひばゆ)

大根の葉に含まれるビタミンEが血液の循環を良くして、保温効果を高めてくれます。



干葉湯にゆっくりと浸かれば、湯冷めもしにくくなるんですよ。



【材料】


  • 大根の葉(乾燥させたもの) 20g
  • 水 3L


【作り方】


①大根の葉を根本から切り取ります。

②①をつるして、1週間ほど陰干しにします。

③乾燥した大根の葉(20g)を細かく刻みます。

④鍋に水を入れて、③を20分くらい煎じます。

⑤④を漉して、お湯の入った浴槽に入れます。



auntmasako / Pixabay

auntmasako / Pixabay


唐辛子の足湯

唐辛子の辛味成分のカプサイシンが皮膚を刺激して、血液の循環を良くしてくれます。


毎日20分ほど続ければ、毛細血管が広がって冷え性改善に効果的なんですよ。


【材料】


  • 唐辛子 1本
  • お湯 適量
  • 洗面器


【作り方】


①洗面器にお湯(42℃)を用意します。

②① に唐辛子を入れます。

③20分、足湯を行います。

④途中でお湯が冷めた場合は、お湯を継ぎ足します。

※肌に刺すような痛みを感じる場合は、すぐに中止してください。


a1180_016547

ヴァンルージュ(ハーブ)

ヴァンルージュは赤ブドウの葉で、血行促進したり血管を保護する働きがあります。


赤ワインよりもポリフェノールが含まれていて、女性の冷えの解消に効果的なんですよ。


【材料】


  • ヴァンルージュ(乾燥) 大さじ1
  • お湯 200mL


【作り方】


①温めておいた茶こし付きのティーポットに、ヴァンルージュを入れます。

②①に熱湯を注ぎ入れ、蓋をして10分ほど蒸らします。

③カップに注いで飲みます。

スポンサーリンク


冷え性に効果的な食材

食べ物を使って冷え性を改善する方法はわかりましたか?


次は具体的な食材について見ていきましょう。


冷え性の時に選ぶ食材は、血行を促して身体を内側から温めてくれるものです。




赤唐辛子
辛味成分のカプサイシンがエネルギーの代謝を高めてくれます。そのため体が温まり、血行が促進されます。


かぼちゃ
かぼちゃに豊富に含まれるビタミンEには、血管を広げて血流を良くする働きがあります。また、βカロテンやビタミンCも多く含まれています。


アーモンド
アーモンドには、血管を広げて血液の流れを良くするビタミンEが豊富に含まれています。


しょうが
しょうがに含まれる辛味成分ショウガオールには、血流の流れを良くして、体を温める効果が期待できます。


にんにく
にんにくは、代謝を高めて体を温めてくれます。また、毛細血管を広げて血行を良くする働きがあります。


ニラ
ニラに豊富に含まれるビタミンEには、血行を促進する作用があります。ニラの強い香りのアリシンには、体を温める働きがあります。


まいたけ
まいたけに豊富に含まれるビタミンEやナイアシンには血行促進の作用があるので、冷え性の改善に効果的です。


シナモン
シナモンに含まれるシンナムアルデヒドという成分には、血流を良くして発汗を促す作用があります。



冷え性は自律神経のバランスや筋肉量の低下なども原因となります。


その点にも気を配った上で、これらの食材を使った食事のメニューを食べるようにしましょう。


まとめ

まずは、冷え性を改善する方法をもう一度確認してみましょう。


  • 鮭の粕汁
  • ニラとくるみの炒め物
  • 生姜ご飯
  • あんず酒
  • 梅醤番茶
  • 大根の干葉湯
  • 唐辛子の足湯
  • ヴァンルージュ(ハーブ)


この他にも、たんぽぽ茶やよもぎ茶も効果が期待できますよ。


冷えが軽減するまで、いろいろ試してみてくださいね。


ただ、あくまで民間療法なので効果には個人差があり、実行する際は自己責任でお願いします。


こちらの記事も合わせてどうぞ♪
↓ ↓
生理痛を和らげる方法!緩和するにはどうすればいいの?

生理不順を改善する方法は?

風邪の治し方!早く治す効果的な方法は?

喉が痛いときの対処法!効果的な食べ物や飲み物は?

熱を下げる方法!どんな食べ物が効果的なの?

咳が止まらない時の対処法!どんな方法があるの?

鼻づまりの解消法!風邪や花粉症に効く方法は?

頭痛の治し方!すぐに解消する方法はあるの?

二日酔いを解消!どんな食べ物や飲み物が効くの?



※参考文献
医者いらずの食べぐすり(宝島社)
げんきごはん生活(実業之日本社)
日本の知恵ぐすりを暮らしに(東邦出版)
植物や食べものの手当てでからだとこころの不調をととのえる自然ぐすり(ワニブックス)

スポンサーリンク

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ