二日酔いを解消!どんな食べ物や飲み物が効くの?

「二日酔いで気持ち悪い・・・」


昨日は飲みすぎたせいで、案の定二日酔いになった。


吐き気が治まらなくて、胃がムカムカする。


それに、頭もガンガンして割れそうに痛い!


この頭痛と吐き気を何んとかしないと、何にもできないよ〜(泣)


そんなあなたのために、今回は食べ物や飲み物で二日酔いを解消する方法をご紹介します。

スポンサーリンク


二日酔いの解消法

お酒を飲みすぎた次の日には、二日酔いになることが多いですよね。


アルコールの分解を促進させて、スッキリ回復させましょう。


今回は、次の7種類の方法をご紹介しますね。




  • 梅醤番茶
  • きゅうりの絞り汁
  • 柿なます
  • 小豆の煎じ汁
  • 濃い緑茶
  • ペパーミント(ハーブ)
  • ジュニパーの精油


それでは、順番に見ていきましょう。


梅醤番茶

醤油の酵素が胃腸を活性化して、番茶は胃腸を整えてくれます。


また、梅干しに含まれるクエン酸は肩や首のコリをほぐしてくれるんですよ。


頭も体もすっきりさせたいときにおすすめです。


【材料】


  • 梅干し 1個
  • 醤油 小さじ1
  • 生姜汁 少々
  • 番茶


【作り方】


①梅干しを湯呑みなどに入れます。

②①に醤油とすりおろした生姜の汁を加ます。

③梅干しをほぐして、熱い番茶を注ぎます。


a0002_004851

きゅうりの絞り汁

二日酔いの原因は、アルコールを分解するときに生まれるアセトアルデヒドという有害物質です。


そのため、二日酔いを治すには、体内のアセトアルデヒドの濃度を下げる必要があります。


きゅうりに含まれるカリウムには、アセトアルデヒドの分解を促す働きがあるんですよ。


【材料】


  • きゅうり 1本
  • ガーゼ


【作り方】


①きゅうりはよく洗って、すりおろします。

②①をガーゼなどで絞ります。

③絞り汁をそのまま飲みます。


a0002_001700

柿なます

柿にはアルコールの分解を促すアルコールデヒドロゲナーゼが含まれています。


さらに渋味のもとのタンニンにも、アルコールの分解作用があるんですよ。


また、柿に含まれるシブオールという成分は酔いがまわるのを防いでくれるので、お酒のつまみとしても最適です。


【材料】


  • 大根 200g
  • 柿 1個
  • 酢 大さじ2
  • 砂糖 小さじ3
  • 塩 少々
  • ボウル


【作り方】


①大根はよく洗って、皮むきます。

②①を千切りにして、塩で揉んで水気をしぼります。

③柿も皮をむいて、大根と同じ太さの千切りにします。

④ボウルに酢、砂糖、塩を入れてよく混ぜます。

⑤ボウルに大根と柿を入れて、味をなじませます。


a0960_006134

小豆の煎じ汁

小豆に含まれるサポニンは、不調をきたす物質を体外に出す解毒作用があります。


そのため、二日酔いにも効果を発揮してくれるんですよ。


【材料】


  • 小豆 60g
  • 水 800mL


【作り方】


①鍋に小豆と水を入れて、中火にかけます。

②水の量が半分になるまで煮詰めます。

③1回に100mL程度、2時間おきに飲みます。

※冷めた場合は、人肌程度に温めましょう。


a0002_012126

濃い緑茶

緑茶のカテキンとビタミンCは、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解を促してくれます。


そしてカフェインは、アセトアルデヒドを体外へ排出する利尿作用に優れているんですよ。


【材料】


  • お茶の葉 10g
  • 水 600mL


【作り方】


①鍋にお茶の葉と水を入れます。

②水の量が半分になるまで煎じます。

③茶葉を濾して、熱いうちに飲みます。


a0800_000400

ペパーミント(ハーブ)

ペパーミントには、抗炎症や血行促進作用があるメントールという成分が含まれています。


そのため、消化を促す作用や胃の調子を整える作用があるんですよ。


【材料】


  • ペパーミント(乾燥) 大さじ1
  • お湯 200mL


【作り方】


①温めておいた茶こし付きのティーポットに、ペパーミントを入れます。

②①に熱湯を注ぎ入れ、蓋をして10分ほど蒸らします。

③カップに注いで飲みます。


ジュニパーの精油(アロマオイル)

ジュニパーには、α-ピネンやミルセンといった毒素排出する成分が多く含まれています。


肝臓の働きを高めてアルコールを排出してくれるので、頭をすっきりさせたいときにおすすめですよ。


【材料】


  • ジュニパーの精油 数滴
  • お湯


【使い方】


①洗面器にお湯を張ります。

②① にジュニパーの精油を数滴垂らします。

③お湯から立ち上る蒸気を吸入します。

スポンサーリンク


二日酔いに効果的な食材

食べ物を使って二日酔いを解消する方法はわかりましたか?


次は具体的な食材について見ていきましょう。


二日酔いの時に選ぶ食材は、肝臓の働きを高めるものです。




シジミ・アサリ
タウリンが肝機能の働きを高めてくれます。アルコールの分解を助けてくれるので、吐き気や胸焼けを和らげる作用があります。


白菜
アルコールを分解する作用があり、二日酔いに効果的です。ビタミンCや食物繊維も含まれているため、消化促進の作用もあります。



ピクリン酸が代謝を活性化して、肝機能を高めてくれます。二日酔いで食欲がないときにも効果的です。



ナイアシンが豊富に含まれるため、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解してくれます。


ウコン
ウコンに含まれるクルクミンというポリフェノールが、肝臓の解毒機能をサポートしてくれます。


カレー粉
二日酔いを改善するクルクミンが豊富に含まれているため、肝機能を高めてくれます。



二日酔いのときには、水分をたっぷり取ることが重要です。


これらの食材を使った食事のメニューを食べると同時に、水分補給もしっかり行いましょう。


まとめ

まずは、二日酔いを改善する方法をもう一度確認してみましょう。


  • 梅醤番茶
  • きゅうりの絞り汁
  • 柿なます
  • 小豆の煎じ汁
  • 濃い緑茶
  • ペパーミント(ハーブ)
  • ジュニパーの精油


この他にも、シジミの味噌汁や桜茶も効果が期待できますよ。


飲みすぎた翌朝は、いろいろ試してみてくださいね。


ただ、あくまで民間療法なので効果には個人差があり、実行する際は自己責任でお願いします。


こちらの記事も合わせてどうぞ♪
↓ ↓
風邪の治し方!早く治す効果的な方法は?

喉が痛いときの対処法!効果的な食べ物や飲み物は?

熱を下げる方法!どんな食べ物が効果的なの?

咳が止まらない時の対処法!どんな方法があるの?

鼻づまりの解消法!風邪や花粉症に効く方法は?

頭痛の治し方!すぐに解消する方法はあるの?



※参考文献
医者いらずの食べぐすり(宝島社)
げんきごはん生活(実業之日本社)
日本の知恵ぐすりを暮らしに(東邦出版)
植物や食べものの手当てでからだとこころの不調をととのえる自然ぐすり(ワニブックス)

スポンサーリンク

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ