梅干しの効果と効能!ダイエットできるって本当?

梅干は、昔から日本人の間で

食べ継がれてきた食べ物です。

 

しかも梅干は体に良い働きをすると

言われているので、健康のためにも

毎日食べたいものですよね。

 

しかも最近では、

梅干しにダイエット効果があるって、

話題になっているんですよ。

 

梅干しでダイエット〜?

ちょっと信じられませんよね。

 

そこで、今回は

梅干しの効能やダイエット効果について

ご説明します。

スポンサーリンク


梅干しの効果・効能

それでは具体的に梅干しの効能について

見ていきましょう。

 

梅干しのパワーは想像以上に素晴らしく、

これらの効果が期待できます。

 


  • 胃炎・胃潰瘍・胃がん予防
  • 虫歯予防
  • 糖尿病予防
  • カルシウムの吸収促進
  • 食中毒予防
  • ダイエット効果
  • 動脈硬化の予防
  • 高血圧予防
  • インフルエンザの予防
  • 鎮静作用
  • 抗酸化作用
  • 消化・吸収を促進
  • 疲労回復・夏バテ予防
  • 整腸作用
  • 食欲増進作用
  • 骨粗しょう症
 

では、梅干しに含まれるどのような成分が、

このような効果をもたらしてくれるのでしょうか。


クエン酸

まず、梅干しといえばクエン酸です。

 

クエン酸は、エネルギー代謝を活発にして

食べたもの効率よくエネルギーに変え、

疲労物質である乳酸を作らせないように働きます。

 

そのため、夏バテや疲労回復にも

おすすめなんですよ。

 

また、体内のエネルギー代謝が円滑に行われれば、

余分な脂肪は蓄積されません。

 

だから、ダイエット効果にもつながるんですね。

 

さらにクエン酸には強い制菌効果があり、

食中毒菌から体を守ってくれます。

 

おにぎりやお弁当に梅干しが入っているのは、

そのためなんですよ。

 

このほか、

 
  • 食欲増進
  • 腸内で悪玉菌の繁殖を抑える
  • 下痢や便秘の改善
  • カルシウムの吸収を促進
 

などの作用などもあります。


梅リグナン

梅干しにはクエン酸以外にも、

強力なパワーを持つ成分があります。

 

それは、梅リグナンです。

ちょっと聞いたことがないですよね。

 

梅リグナンは、胃炎や胃潰瘍の原因となる

ヘリコバクターピロリ菌の動きを抑える作用が

あります。

 

そのため、

胃がんの予防効果も期待できるんですよ。

 

また、インフルエンザウイルスの増殖を抑え、

感染力を弱める成分があります。

 

他にも

 
  • 生活習慣病に対する予防や改善効果
  • 血圧の上昇や動脈硬化を抑制する
  • 血糖値の上昇に関わる酵素の働きを阻害
 

などの作用なども判明しています。

 

梅干しにはこれだけの効果がありますが、

やっぱりみんなが気になるのは

ダイエット効果じゃないでしょうか。(私だけ?)

 

それでは次は、梅干しダイエットについて

詳しく説明していきます。



梅干しダイエット

某テレビ番組で、焼き梅干しを食べて

痩せるという企画がありました。

 

初めて聞くダイエット方法だったので、

とっても興味が湧いたんですよね。

 

その方法はというと、いたって簡単です。

 

1日に3個の「焼き梅干し」を

食べるというものです。

 

ちなみに焼き梅干しとは、加熱した梅干しのことを

言います。


焼き梅干しの作り方

それでは、焼き梅干しの作り方を

2種類ご紹介します。

 
【電子レンジの場合】


  1. 梅干しを6個、お皿にならべてラップをして、500Wの電子レンジで1分間温める。
  2. これが2日分なので、朝昼晩の食事の時に1個ずつ食べる。
 
【オーブントースターの場合】


  1. アルミホイルを2枚、軽く丸めて全体にしわをつける。
  2. アルミホイル広げて2枚重ねにして、梅干しをのせて口をしっかり閉じるように包む。
  3. オーブントースターに入れて、10〜20分焼く。
  4. 中までほかほかになったら完成。保存容器に入れて、冷暗所で保存しできるだけ早く食べきる。
 

上記以外でも、フライパンや焼き網の上で、

焦げないように転がしながら直火で焼いても

大丈夫ですよ。

 

一応、朝昼晩に食べると書きましたが、

梅干しは、食前、食中、食後のいつ食べても

構いません。

 

ただ、食事と一緒に摂る方が

習慣にしやすいと思いますよ。

 

でも、なぜ梅干しを食べるだけで

ダイエットができるのでしょうか?

 

それには梅干しに含まれる成分が

関係していました。


梅干しのバリニンが脂肪細胞を燃焼する

梅干ししに含まれる成分が、体内でダイエットに

有効なバリニンという物質に変化することが

わかってきました。

 

バリニンは次のような働きをします。

 


梅干しを摂取する

小腸で吸収される

脂肪を蓄えている脂肪細胞に刺激を与える

その刺激によって、脂肪細胞が燃焼して小さくなる

体重が減少する

 

この性質を利用すれば、

体脂肪が燃えやすくなりますよね。

 

じゃあ、たくさん食べれば効果は上がるのかな?

 

そう思う人もいると思いますが、

多ければ効くというわけではないので

1日3個で十分なんですよ。

 

また、バリニンの作用は、あくまでも体に蓄積した

脂肪細胞に働きかけるものです。

 

食べ物の脂肪に働きかけるわけではないので、

食事と一緒に食べなくても効果に違いはないんですよ。

 

でも、普通の加熱していない梅干しと

焼き梅干しの違いは何なのでしょうか?


焼き梅干しの効果

梅干しの有効成分にクエン酸と糖があります。

 

梅干しを加熱することで、これらの成分が結合し、

「ムメフラール」という化合物が誕生します。

 

このムメフラールは、

血液の流れを促進してくれるんですよ。

 

梅のクエン酸にも血流を促す効果があるので、

大きく血流が改善します。

 

血流が良くなれば、代謝もアップしますよね。

 

焼き梅干しを食べれば、このような流れになります。

 


血流が良くなる

体の冷えが解消する

体温が上昇する

基礎代謝が上がる

ダイエット効果も期待できる

 

基礎代謝が上がれば、今までより多くの

エネルギーを消費することになります。

 

そのため、効率的なダイエットが

できるようになるんですよ。

 

また、梅干しには血糖値を下げる成分が

含まれていることがわかりました。

 

血糖値と肥満には大きな関係があります。

 


糖質を摂りすぎる

血糖値が急上昇する

インスリンが大量に分泌される

インスリンは使い切れずに余った糖を脂肪細胞に送り込む

肥満を引き起こす

 

これを見ればわかるように、

血糖値の急激な上昇を防ぐことは

ダイエットにも効果的なんですよ。

 

梅干しのダイエット効果は

十分にわかりましたよね。

 

それでは、他の効能についても詳しく

見ていきましょう。

スポンサーリンク


体内の抗酸化力を高める

若返りには、活性酸素の働きを抑えることが

重要だと言われています。

 

活性酸素が体内で必要以上に増えると、

健康な細胞が酸化されて正常な機能を失い、

動脈硬化や心筋梗塞などの要因となります。

 

活性酸素を発生させないためには、

抗酸化物質を多く含む食品を摂る必要があります。

 

梅干しには強い抗酸化物質である

フラボノイドが含まれているので、

活性酸素の働きを抑えることができるんですよ。

 

また、梅干しには

血液をサラサラにする効果があります。

 

それがどういう事かというと、

 


皮膚の血流が良くなる

汗腺や皮脂腺などが活発に働く

老廃物などがスムーズに排出される

肌が内側から若返る

 

とこのように、

抗酸化物質の効果で美肌になれるんですよ。

 

活性酸素は、肌荒れの原因である

ターンオーバーの乱れを引き起こすと

言われています。

 

また、紫外線により皮膚で活性酸素が発生すると、

メラニン色素が作られてシミの原因となります。

 

抗酸化物質を含む梅干しを食べれば、

これらの改善も期待できるはずですよ。



血圧の上昇を抑える

動脈硬化とは、動脈の弾力性がなくなって

硬くなったり、血管の内側にコレステロールなどが

たまって、血流が悪くなる状態のことです。

 

40歳を過ぎると、動脈硬化を発症しやすくなるので

気をつけたいですよね。

 

梅干しには

動脈の血管収縮作用のあるホルモンの作用を

調整して、血圧の上昇を抑える作用があります。

 

そのため、動脈硬化の予防にも効果的

なんですよ。



腸をきれいな状態にする

梅干しに含まれているクエン酸やリンゴ酸などの

有機酸は、整腸作用があることでも知られています。

 

腸の状態が健康であれば、便はスムーズに排泄されます。

 

ところが、運動不足やストレス、

食生活の乱れなどが原因で便秘になって

しまう事があります。

 

便秘になると、このような事が起こります。

 


腸内の悪玉菌が便を腐敗させる

滞留便や腸内ガスなどの老廃物が溜まる

老廃物が増えると、悪玉菌はさらに増える

便秘を繰り返したり、お腹が張ったりする

腸の機能を低下させる

 

梅干しは腸内で悪玉菌が繁殖するのを抑え、

蠕動運動(ぜんどううんどう)を促してくれます。

 

その結果、便秘の改善や下痢止めに効果が

あるんですよ。


胃の粘膜を守る

梅干しを見ただけで、唾液が出てくることって

ありますよね?

 

これは過去にすっぱい梅干しを食べた記憶から、

反射的に唾液が分泌されたためなんですよ。

 

唾液はさまざまな消化酵素を含んでいて、

体内に吸収するのを助けてくれます。

 

そのため唾液が多ければ、それだけ消化する力も

高まるんですよ。

 

また、梅干しは胃の粘膜を守るために

胃液の分泌を促進してくれます。


熱中症予防

人は暑さで体温が上がると、汗をかいて

熱を外に逃します。

 

けれど、大量に汗をかくと体から水分が

失われて脱水症状になり、めまい吐き気、

嘔吐、倦怠感など熱中症の症状が出てきます。

 

脱水症状を起こしたときは、まず水分を

とりますよね。

 

けれど、

水分だけでは回復が遅くなってしまうんですよ。

 

この時に、塩分を一緒にとると水分が早く


吸収されて、回復も早まります。

 

たくさん汗をかいたときには、水分補給と

梅干しで塩分補給をしましょう。


まとめ

梅干しにはさまざまな効能がありますが、

今回はその中でも特に

 
  • ダイエット効果
  • 抗酸化作用
  • 動脈硬化の予防
  • 整腸作用
  • 唾液の分泌を促進
  • 熱中症予防

についてご説明しました。

 

毎日の生活に梅干しを取り入れて、

健康や美肌を目指しましょう!

 

※参考文献
すごい梅干し 効くレシピ(主婦の友社)
壮快  2016年8月号(マキノ出版)

スポンサーリンク

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ