理科の自由研究No.17 割れないシャボン玉を作る

「割れないシャボン玉を作る方法は、知っていますか?」

スポンサーリンク


なかなか割れないシャボン玉を

作ります。

 

この実験では、表面張力について

考えてみましょう。

 

今回は、

割れないシャボン玉を作る実験

ご紹介します。

 

その他の理科の自由研究の実験は、

こちらで詳しくご説明しています。
↓ ↓
中学生の理科の簡単な自由研究まとめ!1日でできる実験テーマ25選


スポンサーリンク


割れないシャボン玉を作る



【用意するもの】


  • PVA洗濯のり(100mL)
  • 中性洗剤(大さじ1)
  • 水(100mL)
  • プラスチックコップ
  • ストロー
  • ハサミ
  • 割り箸
  • 軍手
 

001


実験の手順

①コップに水を100mL入れます。

003
 

②同じコップに、洗濯のりを100mL入れます。

004
 

③そこに、中性洗剤を大さじ1杯加えます。

005
 

④割り箸でよく混ぜます。

006
 

⑤ストローの先端を、ハサミで十字に切って

広げます。

002
 

⑥ストローに、シャボン液をつけます。

007
 

⑦下を向いて、静かに吹きます。

軍手でやさしく触ってみましょう。

008


解説

これは、シャボン玉が割れない理由を調べる実験です。

 

コップの水に洗剤を加えると、界面活性剤によって

表面張力が小さくなり、泡が割れにくくなります。

 

つまり、シャボン玉は界面活性剤の働きで

膜を保っているというわけです。

 

実験では、界面活性剤のほかに洗濯のりを

使いましたよね。

 

洗濯のりを加えることによって、シャボン玉の

膜も強くなり、さらに膜の厚さも均一になるんですよ。

 

※参考文献
「すぐできる!よくわかる!自由研究 中学生の理科 チャレンジ(永岡書店)」



まとめ

普通のシャボン液と比べて、どれくらい割れにくいのか

時間を比較しても面白いですね。

 

次は、理科の自由研究No.18になります。

どうぞお楽しみに♪

 

自由研究のレポートの書き方がわからない人は、

こちらを参考にして下さいね。
↓ ↓
中学生の自由研究レポートの書き方!まとめ方の例文も紹介!

 

※申し訳ありませんが、この記事に関する質問や

個別の相談は受け付けておりません。

スポンサーリンク

4 Responses to “理科の自由研究No.17 割れないシャボン玉を作る”

  1. ういか より:

    分かりやすいし、面白かった

    • 管理人 より:

      ういかさん
      コメントありがとうございます。

      楽しんでもらえて、良かったです^^

  2. かおる より:

    わかりやすくてよかったです。自由研究諦めようかと思った時に、このサイトを見つけました!ありがとうごさいますm(__)m

    • 管理人 より:

      かおるさん
      コメントありがとうございます。

      自由研究を諦めずに済んで、良かったですね^^
      お役に立てて、嬉しいです♪

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ