理科の自由研究No.7 人工イクラを作る

「人工イクラを作る方法は、知っていますか?」

スポンサーリンク


2種類の試薬を使って、

本物そっくりのイクラを作ります。

 

この実験では、分子の存在について

考えてみましょう。

 

今回は、

人工イクラを作る実験をご紹介します。

 

その他の理科の自由研究の実験は、

こちらで詳しくご説明しています。
↓ ↓
中学生の理科の簡単な自由研究まとめ!1日でできる実験テーマ25選


スポンサーリンク


人工イクラを作る



【用意するもの】


  • アルギン酸ナトリウム(1g)
  • 塩化カルシウム(10g)
  • 食紅
  • ざる
  • プラスチックコップ(2個)
  • ストロー
  • 割り箸
  • 水(200mL)
 

016


実験の手順

①コップAに水100mLとアルギン酸ナトリウム1gを

入れて、割り箸でよくかき混ぜます。

※溶けるまで時間が掛かります。

017
 

②そこに少量の食紅を入れて、よく混ぜます。

019
 

③コップBに水100mLと塩化カルシウム10gを

入れて、割り箸でよくかき混ぜます。

020
 

④コップAに、ストローをさします。

021
 

⑤指でストローの上を押さえて、液を

取り出します。

それをコップBの中に、少しずつたらします。

022
 

⑥コップBのイクラをざるに取り出し、

水で洗います。

023
 

⑦人工イクラの完成です。

024


解説

これは、高分子のしくみを調べる実験です。

 

アルギン酸ナトリウムは水の中で、

アルギン酸イオンとナトリウムイオンに

分かれて溶けています。

 

このアルギン酸イオンにカルシウムイオンが

触れると、アルギン酸イオンの糸が連結されます。

 

その結果、アルギン酸カルシウムという

水に溶けない膜ができるとういうわけです。

 

人工イクラを作っているこの膜は、

「マイクロカプセル」と呼ばれています。

 

身近なところでは、芳香剤などにも

使われているんですよ。

 

※参考文献
「すぐできる!よくわかる!自由研究 中学生の理科 チャレンジ(永岡書店)」



まとめ

本物そっくりに見えますが、

絶対に食べないで下さいね。

 

次は、理科の自由研究No.8になります。

どうぞお楽しみに♪

 

自由研究のレポートの書き方がわからない人は、

こちらを参考にして下さいね。
↓ ↓
中学生の自由研究レポートの書き方!まとめ方の例文も紹介!

 

※申し訳ありませんが、この記事に関する質問や

個別の相談は受け付けておりません。

スポンサーリンク

2 Responses to “理科の自由研究No.7 人工イクラを作る”

  1. (。´・ω・)ん? より:

    ありがとうゴザイマス。
    早めに終わりましたドモヽ(*´ω`*))((*´ω`*)ノドモ

    • 管理人 より:

      (。´・ω・)ん?さん
      コメントありがとうございます。

      お役に立てて、良かったです^^

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ