理科の自由研究No.4 レモンで電池を作る

「レモンを使って電池を作る方法は、知っていますか?」

スポンサーリンク


レモンを使って、電気ができるしくみを

調べます。

 

この実験では、電子の移動について

考えてみましょう。

 

今回は、

レモンで電池を作る実験

ご紹介します。

 

その他の理科の自由研究の実験は、

こちらで詳しくご説明しています。
↓ ↓
中学生の理科の簡単な自由研究まとめ!1日でできる実験テーマ25選


スポンサーリンク


レモンで電池を作る



【用意するもの】


  • レモン
  • 電子オルゴール
  • 亜鉛板 1.5cm×5cm(4枚)
  • 銅板 1.5cm×5cm(4枚)
  • クリップ付リード線
 

004


実験の手順

①レモンを半分に切ります。

005
 

②亜鉛板と銅板に、クリップ付リード線を

繋ぎます。

007
 

③亜鉛板と銅板を、レモンに差し込みます。

008
 

④電子オルゴールの導線に、クリップ付リード線を

繋ぎます。

009


011
 

⑤電子オルゴールが鳴るかどうか

確認します。

 

010
 

⑥もう半分のレモンに、亜鉛板と銅板を

差し込みます。

012
 

⑦画像のように、クリップ付リード線と

電子オルゴールを繋ぎます。

013


014
 

⑧手順⑤との音の大きさの違いを

確認します。

015


解説

これは、なにが電気を起こしているのかを調べる実験です。

 

レモンに含まれる酸は、亜鉛版を溶かします。

 

亜鉛は溶けたときに、-(マイナス)の電気を帯びた

電子を置いていきます。

 

レモンに差した亜鉛版が-極、銅板が+極です。

 

電子は+極に向かって流れるので、

銅板の方に向かって移動を始めます。

 

この電子の移動によって、電気が流れるんですよ。

 

また、銅板に移動した電子は、レモン果汁に

含まれる水素イオンと結合して、水素ガスになります。

 

※参考文献
「中学生 理科の自由研究パーフェクト(成美堂出版)」
「すぐできる!よくわかる!自由研究 中学生の理科 ベーシック(永岡書店)」



まとめ

他の果物や食品でも電池を作って、

音の大きさを比べてみましょう。

 

実験に使った食品は、絶対に

食べないで下さいね。

 

次は、理科の自由研究No.5になります。

どうぞお楽しみに♪

 

自由研究のレポートの書き方がわからない人は、

こちらを参考にして下さいね。
↓ ↓
中学生の自由研究レポートの書き方!まとめ方の例文も紹介!

 

※申し訳ありませんが、この記事に関する質問や

個別の相談は受け付けておりません。

スポンサーリンク

4 Responses to “理科の自由研究No.4 レモンで電池を作る”

  1. わーい より:

    wiiuの電池が無くなったので使ってみたいです‼️
    ありがとうございます‼️

    • 管理人 より:

      わーいさん
      コメントありがとうございます。

      まさに電池代わりですね^^
      ちゃんと使えるといいですね。

  2. あい より:

    写真を学校で使わせて
    もらってもいいですか?

    • 管理人 より:

      あいさん
      ご連絡ありがとうございます。

      どのような目的で使用するのでしょうか?

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ