アンダーヘアのムダ毛処理!長さや形や脱毛方法は?

アンダーヘアの処理は実際何もしていなかったり、水着を着る時だけしたりするといった人も多くいますよね。


でも実はきちんと処理をすることで、肌トラブルや蒸れによる不快感なども解消できますし、急なお泊りなどがあったとしても慌てなくてすみますよ。


処理方法としては自宅で自分で行う方法と、脱毛サロンや医療機関にて脱毛を行う方法があります。


ちなみにアンダーヘアの脱毛は、VIO脱毛とも呼ばれているんですよ。


今回はアンダーヘアのムダ毛処理の脱毛方法や、長さや形についてご説明します。


スポンサーリンク


アンダーヘアの処理方法

自分で行う場合はカミソリやシェーバーで剃ったり、ハサミでカットなどの方法や、ワックスや家庭用脱毛機器、ヒートカッターなどのセルフ脱毛機器を利用したりするのが一般的です。


自宅脱毛のメリットは、サロンに通うことに比べてコストパフォーマンスが良く手軽に行うことができることや、定期的に形を変えるなど、アンダーヘアの処理を楽しむことができるなどが挙げられます。


脱毛サロンや医療機関では、ブラジリアンワックスと呼ばれるワックス脱毛や、レーザーや光を使った専門的な脱毛機器による脱毛を行うことができます。


処理頻度を減らすことができるため肌への負担が少なく、専門知識を有する人に処理をしてもらうため、安全にキレイにできるなどのメリットがあります。


デメリットとしては、費用面や心理面(恥ずかしさ、通うことの負担)などが挙げられます。


自分でできる処理方法の基本

脱毛サロンや医療機関にてVIO脱毛を行う場合には、費用もかかるし他人に任せることに抵抗感を覚えている人もいるでしょう。


自宅処理を行う際の注意点は、デリケートな部分である性器や肛門に対して、きちんとケアを行うことです。


刺激にも弱い場所のため痛みが生じやすかったり、使用する薬剤等によっては、肌トラブルを引き起こしたりする可能性があります。


足などの毛抜きやカミソリでの処理で、肌トラブルが起こった経験がある人や、聞いたことがある人も多くいるのではないでしょうか。


足であっても起こるのだから、デリケートゾーンは慎重にならなくてはいけないのがわかりますよね。


自宅処理をする際に一番手軽なのは、ハサミやヒートカッターを使って毛を整えることです。


好きな形に切るだけと思うと、手軽な印象を受けますよね。この方法だと切るだけなので、肌への負担も少なく簡単に処理することができます。


ただし、毛を完全になくすことはできません。毛を完全になくしたい場合はカミソリやシェーバー、家庭用脱毛機器などを利用して、アンダーヘアの処理を行ってください。


注意点としては肌への負担を考慮し、アフターケアをきちんと行うようにしましょう。


アンダーヘアの長さ

アンダーヘアを手軽に処理する方法としては、毛をカットする方法です。


下着の下で、毛が色んな方向を向いてしまっていることはありませんか。形を変えずとも長さを変えるだけで、アンダーヘアの見た目や下着からのはみ出し、蒸れなどの不快感を解消できますよ。


形を整えることも重要ですが、バランスを考え長さを調整することは、アンダーヘア処理の基本だといっても過言ではありません。


長さを調整する際には、ハサミやヒートカッターを使用します。


ヒートカッターは聞きなれないかもしれませんが、アンダーヘアの処理のための熱を持ったコームのようなもので、不要な毛を焼き切ることができます。


手軽で早いのはハサミですが、ハサミは断面が尖ってしまい、上手にやらないとチクチク感が残ってしまいます。アンダーヘアがチクチクしていると嫌ですよね。


仕上がりにこだわりたい場合には、ヒートカッターを使用するのが良いかもしれません。


ヒートカッターはやわらかい状態で毛を残すことができるので、チクチク感や下着の繊維の突き抜けを防ぐことができます。


しかしデメリットとしては、焼き切るためカスがでることや、焼くので臭いがでることです。ハサミと比較すると、時間がかかってしまうのも欠点ですね。


バランスの良いアンダーヘアにするためには

理想とするアンダーヘアによってバランスは変わってきますが、一般的には3cmが理想値だと言われています。


もちろん使用している下着、水着などによって異なりますが、3cmだと下着からのはみ出しを防ぎ、デリケートな部分もきちんと隠すことができるので、抵抗なくナチュラルだからです。


それより短いと、いかにも処理していますという状態になりがちですし、長いとはみ出しが気になってしまいがちです。


特に、アンダーヘアの処理に対して抵抗感がある人は参考にしてみてくださいね。


ただし、アンダーヘアすべてを同じ長さにする必要はありません。


Vラインの最下部部分はデリケートな部分を隠すために長く、上にあがっていくにつれて短くするほうが下着からのはみ出しを防ぎ、よりおさまりがよくなります。


髪の毛に段をいれると、おさまりが良くなるのと同じですね。


形や目的によって処理方法は変わってきますが、外側が短く内側が長くという原則のもと処理すると、自然でおさまりやすいスタイルになりますよ。


このように形はもちろん重要ですが、長さを調整するだけで美しいアンダーヘアにすることができますので、ぜひ試してみてくださいね。
b-b-g-c15

アンダーヘアの形の種類

ひと口にアンダーヘアといっても、髪型のように実はいろいろな形があります。


日本ではあまり馴染みがないですが、海外ではアンダーヘアのデザインカタログのような書籍やインターネットサイトもあるんですよ。


アンダーヘアを処理する目的は、下着からはみ出ないとか、清潔を保ち蒸れないようにするためだとかいろいろとあります。


その目的にあった形にするのはもちろんですが、やはり旅行や彼とのお泊りなどの時には形も重要ですよね。


脱毛サロンに行けば、どんな形が希望か問われることもあります。どのような形の種類があるのか、ご紹介しますね。


カタログがあるくらいなので形の種類を挙げだすとキリがないのですが、大きく分けて5種類の基本形があります。


逆三角形型

一つ目は、逆三角形型です。


イメージとしては、元ある形の面積をそのままひとまわりやふたまわり小さくするもので、スタンダードなお手入れ方法として知られています。


Iライン型

二つ目は、Iライン型です。


これは正面から見た形がIラインになっていて、逆三角形型より上部の幅が狭く、下着からのはみ出しを減らすことができます。


ハイジニーナ

三つ目は、ハイジニーナです。


これは聞いたことがある人もいるかもしれませんが、いわゆる全剃りです。


丸型

四つ目は、丸型です。


丸みを帯びた形で、ナチュラルな印象を与えます。


ハート型

五つ目は、ハート型です。


最上部がハートの形をしていて、個性を出すことができます。


人気のアンダーヘアの形とは

海外のセレブ女優がこぞってハイジニーナにしていることで、日本でもハイジニーナ熱があがってきていますが、全てがなくなってしまうことに抵抗を感じている人もたくさんいるのが現状です。


特にVラインの部分は裸になった際の印象にもなるので、Vラインは少し残しつつ、全体的に小さくするというのが日本人女性には一番支持されています。


この方法であれば奇抜な感じもないし、下着からのはみ出しも防ぐことができますよね。また、衛生的にも問題ないと言えます。


形では、やはり一番人気は逆三角形型です。ナチュラルな印象を与えるものが、人気があるんですね。


男性目線からしても、ナチュラルなのに整っている状態は支持されています。


確かに、脱がした際に毛があちこち向いているのと比べると、与える印象が違うのもわかりますよね。


しかし、実際はアンダーヘアを染めている人もいたり、ハートやチョウチョなどの形を作っていたり、とてもこっている人もいるようです。


ナチュラル志向が一般的とはいえ、アンダーヘアも個性のひとつとして楽しむのもいいかもしれませんね。


スポンサーリンク


アンダーヘアを処理するヒートカッター

ヒートカッターとは、別名Vライントリマーとも呼ばれているアンダーヘアをカットするための機械です。


その名の通り、先端に熱を持っていて、毛にあてることで毛を焼き落とすことができます。


先端はコーム状、形はペン状になっていて、サイズや形状は眉毛用のコームと似ています。


自宅用まつ毛カールの機械にも、近い部分があります。


アンダーヘアを焼いてしまうので焼きカスやニオイなどのデメリットや、ハサミに比べて時間がかかるなどのデメリットはあるものの、ヒートカッターを使うことで、柔らかい手触りのアンダーヘアを作りだすことができます。


というのも、ハサミで毛を切ると先端がチクチクしませんか。


髪の毛も美容師が切るのと自分で切るのでは、手触りが全然違いますよね。


毛に対して上手に斜めにハサミを入れることができれば気にならない程度なんですが、直角に切ってしまうとチクチク感が目立ちます。


そうなってしまうと手触りだけでなく、下着の繊維の隙間からはみ出てしまうなど女性としてはかなり気になりますよね。


ヒートカッターであれば、そういったことを防ぐことができますよ。




具体的な使用方法

具体的な方法として、処理すべきアンダーヘアの長さをどの程度にするのかを決めましょう。


長さに関しては好みではありますが、下着や水着からはみ出ないというのが基準のひとつですよね。


製品を着用してみて、長さを判断するのも良いかもしれません。


その後、ヒートカッターの電源を入れてください。電源をいれて先端部分が熱を持ってきたら、実際にカットします。


カットの際には、カットしたい毛の部分を少量ずつつまんで、ヒートカッターの先端をあててください。


この処理を繰り返すことで、アンダーヘアの処理は完了します。


ちなみに、処理後は本当に下着や水着からはみ出さないかも、確認してみてくださいね。静止状態でははみ出さないものの、動くとはみ出てしまうこともあるんですよ。


ヒートカッターはメーカーによって使用方法が少しずつ異なりますので、必ず確認するようにしてください。


デリケートな部分に対して使うもの、かつ、熱を持っているものです。万が一焦がしてしまって、チリチリになってしまったら大変ですよね。


また、短くしすぎないように注意してください。ヒートカッターは毛の長さを調整するためのもので、毛をなくすものではありません。


短く切れば切るほど、皮膚との接触が起きやすくなるので注意してくださいね。


アンダーヘアの本格的な脱毛方法

アンダーヘアは自宅処理をすることもできますが、IラインやOラインの部分は直接見る事が難しいですよね。


デリケートな場所なので、自己処理で傷つけてしまうことのないように、神経を使わなければなりません。


そのため、VIO脱毛の取り扱いがあるサロンにて脱毛を行うというのも、ひとつの方法です。


他人に見られるなんて恥ずかしいと思う人も多いかもしれませんが、実は全然そんなことはありません。


店舗のスタッフも仕事なのでマナーなどはしっかりわきまえているし、実際体験している人は、何より処理頻度や蒸れなどから解放され楽になったという意見を持っている人が、かなり多いですよ。


脱毛サロンで行える脱毛の種類は、大きく分けて4つあります。


ワックス脱毛

一つ目が、ワックス脱毛です。ブラジリアンワックスとも言います。


これはワックスをアンダーヘアにつけ乾燥させ、乾燥したら固まったワックスをはがすというもの。はがす際に毛も一緒に抜けてしまいます。


光脱毛

その次が、光脱毛です。


エステサロンや医療機関で取り扱いがあり、特殊な光を照射することでぽろぽろと毛が抜けていきます。


レーザー脱毛・針脱毛

他には、医療機関のみで行うことができるレーザー脱毛や針脱毛などがあります。


これらは費用がかかるものの、半永久的に効果を維持することができます。


脱毛サロンで脱毛するメリット

お金を支払って専門サロンでアンダーヘアの処理をするには、たくさんのメリットがあります。


一つ目は、専門知識を有するスタッフにお任せできることです。


アンダーヘアの処理は他人に聞きやすいものではないし、理想の形が決まっている人も少ないですよね。自己処理に不安を感じる人もいるでしょう。


また、性器や肛門などのデリケートゾーンに対する処理も、プロに任せれば安心ですよね。


そういった点で専門知識を持った人に相談し、任せながら脱毛できるのは専門サロンの魅力のひとつです。


また、処理頻度を減らすことができます。


一般的な自己処理方法である「切る」や「抜く」という作業は、定期的に行わなければどんどん生えてきてしまいますよね。


女性にとって毛の処理に割く時間は、積み重ねればかなり多いものです。


専門サロンであれば数回の来店頻度で、半永久的に脱毛効果を維持することができます。


処理頻度を減らすことができれば肌への刺激も軽減することができ、かゆみなどのトラブルも解消しやすくなります。


女性は生理用ナプキンなど蒸れやすくトラブルを招きやすいので、専門サロンを効果的に活用してくださいね。

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ