バイトの応募の電話で失敗しないかけ方は?会話例を紹介!

就職先やアルバイトを探すときは、求人情報誌や求人情報サイトなどを見て、気になる会社へ応募することになりますが、求人を応募する際、電話連絡をしてから応募を受け付ける所も多いです。


初めて会社へ電話をするときは、誰もが緊張しますよね。私もかけようかどうしようか、随分電話を片手に悩んだことがあります。


電話に慣れていない人は、電話をかけるタイミングや上手く話せるかどうか、何を話せばいいのかなど、きちんと整理しておかないと、聞きたいことや重要な話を聞き逃してしまうことにもなってしまいます。


では、アルバイトを捜して応募する際の電話をかけるとき、どのような点に注意したら良いのでしょうか。


今回はバイトの応募の電話で失敗しないかけ方や、会話の例文をご紹介します。

スポンサーリンク


求人応募の電話をかける際のマナー

何事もそうですが、備えあって憂いなし、求人応募の電話も事前準備をしっかりと行う事が大切です。


まずは電話をかける前に、自分が申し込みたい求人情報が書かれているものと、メモ用紙、筆記用具と、カレンダーや手帳など日にちを確認できるものを用意します。


そして求人要項をよく読んで、分からないことや面接までに聞いておきたいことなどをメモしておきます。


そして次に気をつけたいのが、電話するタイミングです。


電話の受付時間が書かれている場合は、その時間内に、そうでなければ先方が忙しいと予想される時間帯は電話は避けます。


いくら求人担当とはいえ、忙しい時間帯には現場で仕事をしている場合も多いですからね。


一般的に飲食関係の仕事は食事の時間帯、一般企業などであれば始業時間から10時頃、昼休みから14時頃が忙しいと考えられています。


電話をかける際の環境にも、気をつけたいところです。


特に携帯電話の場合は電話をかけて良い場所かどうか、電波が途中で途切れないか、周囲が騒がしくないかなどに注意して、電話をかけることが大切ですね。


また、非通知でかけると相手は出ないこともありますし、出たとしても失礼にあたることなので、必ず電話番号を通知して書けるようにします。


電話で話すのが苦手、緊張しやすいという人は、事前に何回か練習をしてからかけるといくらか緊張が和らぎますよ。


はきはきと、元気良く、正しい言葉遣いで話をするようにします。

スポンサーリンク


アルバイトを応募する際の会話例

どんなに事前準備をしっかり行っても、電話が苦手だと何からどう話したらいいのか、分からない場合があります。


そこで、アルバイトの求人に応募するときの会話例を紹介します。


「お忙しいところ大変失礼いたします。(自分が求人情報を見かけた雑誌やサイト名)で求人広告を拝見し、お電話いたしました。(自分の名前)と申します。求人担当の方(求人担当名が分かる場合は求人担当者名様)とお繋ぎいただけますでしょうか。」


何の用件で、何を見てアルバイトを応募してきたのか、自分は誰か、誰と話しがしたいのかを、丁寧な言葉でゆっくりと元気良く話すのがポイント!


求人応募の電話自体もしっかりとチェックしている会社もありますから、電話だからと侮らず、しっかりと敬語を使って会話することが大切です。


担当者と繋いでもらったら、アルバイト応募の詳細についての話しをすることになりますよ。


担当者に、再び求人を応募することと自分をしっかりと伝えます。


「お忙しいところ大変失礼いたします。(求人を見つけた情報誌やサイト名)で求人広告を拝見し、電話させていただきました(自分の名前)と申します。」


求人担当者であれば、ここまで話すと応募してきたのは分かりますから、アルバイトの面設日時や持ち物、場所など必要事項を説明しますから、きちんとメモすることが大切です。


担当者が話し終わったら、必要事項を復唱します。


「かしこまりました。(面接日時)に(面接場所)へ、履歴書を持参して伺わせていただきます。当日はなにとぞよろしくお願いいたします。それでは失礼いたします。」


このような話し方をすると、担当者への印象を悪くすることはありません。


電話での会話も選考基準となる事が多いので、担当者の話しを復唱確認しなかったり、適当で失礼な相槌を打ったり、話し言葉を間違えていれば、採用されないこともあるので、電話のマナーはしっかり覚えておきたいところです。


telephone_oyaki

電話をかけるときの緊張のほぐし方

友人と話しをするのとは違い、アルバイトの求人応募の電話をかける際は、敬語で話しをするのが基本になるため、普段より緊張します。


電話自体が苦手だという人も、多いですよね。


まずは、普段から敬語で話す練習をしておきます。


相手がどう返してくるか分からないので、どう返されても対応できるように、友人や家族を利用して電話の練習をしておくのもお勧めですよ。


緊張を緩和する一番の方法は、経験の積み重ねです。


家族や友人と練習するのも経験となりますが、失敗を恐れず経験を積んでいくのも、緊張をほぐす材料になります。


緊張すると多くの人は早口になってしまい、余計なことまで話してしまう傾向があるので、あえてゆっくりと、落ち着いた声で話してみると比較的気持ちが和らぎますね。


電話で緊張してしまうのは、電話先の相手の表情が見えないことからくることも多いので、電話先の相手の表情を想像したり、自分の顔を鏡で見ながら話すと、以外に緊張が和らぐこともありますよ。


電話で好印象を得ておくと、実際の面接でも好印象からスタートできますから、緊張せず、しっかり話せるように練習しましょう。


まとめ

まずは、聞くことをメモしておきましょう。


そして、あわてずゆっくりと話をします。多少敬語がおかしくなっても、気しない!


電話で日時がきまったら、次は面接ですね。


履歴書の書き方や面接は下記を参考にしてみて下さいね♪


高校生のバイト履歴書の書き方!学歴や志望動機は?

バイトの面接での服装は?守っておきたいマナーについて

バイトの面接で聞かれやすい質問と答え!攻略するポイントは?

スポンサーリンク

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ