ミサンガの材料!糸の種類はどんなものがあるの?

「ミサンガの材料は、知っていますか?」

スポンサーリンク


初めてのミサンガ作り。

 

作ろうと思ったのはいいけれど、

何が必要なのかわからない。

 

とりあえず糸は必要なんだろうけど、

たくさん種類があるから、どれを

選べばいいんだろう?

 

そんなあなたの為に、

ミサンガの材料や糸の種類をご紹介します。

 

その他のミサンガの作り方は、

こちらで詳しくご説明しています。
↓ ↓
ミサンガ 作り方まとめ!簡単な編み方をわかりやすく解説!

 

ぜひ、参考にしてみて下さいね♪

スポンサーリンク


ミサンガの材料

まずは、ミサンガに必要な材料や道具を

ご紹介します。

 


  • ハサミ
  • セロハンテープ
  • 定規
  • 針など先のとがったもの


それでは、それぞれの材料ごとに

ご説明していきますね。

 

使う糸によって、太さが変わってきます。

 

色の種類もたくさんあるので、

仕上がりをイメージして、選ぶように

して下さいね。

 

このサイトで使っているのは、

25番の刺繍糸とヘンプ糸になります。

 

刺繍糸は、手芸店で1個100円程度で

売っていますよ。

 

安く買いたい方は、通販がお得ですよ♪
↓ ↓
 

ヘンプ糸も手芸店で購入できます。

 

ヘンプ糸は、太さが細・中・太の

3種類あるので、注意して下さいね。

 

刺繍糸よりもヘンプ糸を使った方が、

仕上がりは太くなりますよ。

 

ハサミ・セロハンテープ・定規

ハサミは糸を切るときに使います。

 

手芸用のハサミがおすすめですが、

普通のハサミで大丈夫ですよ。

 

セロハンテープは、糸を固定するために

使います。

 

編み始めはもちろんですが、

途中で曲がりそうになったときも、

セロハンテープで留めています。

 

定規は、糸の長さやミサンガの寸法を

測るために使います。

 

もちろんメジャーでもOKですよ!

 

針など先のとがったもの

ミサンガを編んでいると、どうしても

編み方を間違えたり、編み直したい部分が

でてきます。

 

間違って編んでしまった部分をほどくときに、

この道具を使います。

 

針などの先のとがったものなら

何でもいいのですが、私のおすすめは目打ちです。

 
 

これって、すごく便利なんですよ。

 

糸をほどくときはもちろん、編み目を

揃えるときにも使っています。

 

持つところも太いので、針などよりも

使いやすいですよ。

 

まとめ

ミサンガの材料は、とってもシンプルです。

 

糸さえあれば、家にあるもので

作れちゃいますよ。

 

ぜひ、いろいろな種類のミサンガを

作ってみて下さいね。

スポンサーリンク

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ