ボジョレーヌーボー2016年の解禁日は?どんな意味があるの?

「ボジョレーヌーボーには、どうして

解禁日があるんだろう?」

スポンサーリンク


ボジョレーヌーボーは、何となく

毎年買ってしまうワインですよね。

 

どうしてだろうと考えてみたら、

「解禁日」が理由だったんです!

 

解禁日があるから、

つい飲みたくなってしまうんですよね~

 

でも、他のワインにはないのに、

何故ボジョレーにだけ、解禁日があるんだろう?

 

そんな疑問を持ったあなたの為に、

2016年のボジョレーヌーボーの解禁日とその意味

について、ご説明します。

スポンサーリンク


2016年の解禁日

ボジョレーヌーボーの解禁日は、世界共通

「毎年11月の第3木曜日午前0時」

決まっています。

 

2016年は11月17日が解禁日です!!

 

ちなみに日付変更線の関係上、

日本はフランスよりも、早く解禁日を

迎えるんですよ。

 

本場よりも、早くボジョレーヌーボーが

飲めるなんて、ラッキーですね♪

 

【ボジョレーヌーボー】

ボジョレーヌーボーとは、

その年に収穫したぶどうを醸造した

新酒ワインのことです。

 

ボジョレーは、フランスのボジョレー地区で

できるワインを指します。

 

ヌーボーはフランス語で「新しい」という

意味なんですよ。

 

解禁日の意味

実は、1967年までは

ボジョレーヌーボーには、解禁日が

なかったんですよ。

 

もともと、非常に人気のあるワインだったので、

ワインの売り手たちは、我先に出荷しようと

競いはじめました。

 

その結果、

まだワインとして出荷できないような

質の悪いワインも、市場に出回るように

なってしまったんです。

 

こんなことをしていたので、ボジョレーの

評判は悪くなり、消費者の信頼を損なう事態に

陥ってしまいました。

 

そこで1967年に、フランス政府によって

ワインの品質を下げないために、

解禁日が定められたという訳なんですよ。

 

それが11月15日です。

 

解禁日までは、販売も飲むことも

禁止されました。

 

ところが、

フランスは休日に働かないお国柄です。

 

11月15日が、土日や祝日に当たった年は

運送業者が休みのため、運送がストップして

しまいます。

 

当然、ボジョレーヌーボーは

出荷が出来なくなってしまいますよね。

 

解禁日にボジョレーヌーボーがないなんて!!

 

そんな事態を避けるために、

1985年、フランス政府は休日に

重ならないように、現在の11月の第3木曜

再び解禁日を定めたんですよ。

 
 

解禁日の売り上げ効果

ボジョレーヌーボーは

何でこんなに売れてるんだろう?

 

同じ値段で、もっと美味しいワインが

いくらでもありますよね。

 

だけど、何故か買わなければいけないような

気持ちになってしまう・・・

 

どうしてだろうと、不思議に思ったことは

ありませんか?

 

実は、解禁日が大きく関係していたんですよ。

 

いろいろな理由があると思いますが、

私が考えたことは、次の2つになります。

 

①人は禁止されたり、限定品に弱い

なかなか手に入らない商品の場合、

普段よりも、その商品を欲しいと思う欲求が

高まります

 

これと同じように、解禁日を設けることで、

ボジョレーヌーボーを飲みたいという欲求が

高まっていきます。

 

②解禁日がイベントになっている

11月の第3木曜日は

「ボジョレヌーボーを飲む」という記念日として、

消費者の間で、すでに習慣になっています。

 

クリスマスやバレンタインデーと同じように、

自然と頭の中に思い出されて、購入に

繋がっていきます。

 

何となく、納得できましたか?

人間の心理を、微妙についてきていますよね。

 

今年も、この戦略に乗せられるのかな(笑)

 

まとめ

もともと解禁日は、

ワインの品質を保つために定められたものです。

 

それが、思わぬ効果を発揮してくれました。

特に日本は、世界で一番の売れ行きなんですよ。

 

そこからわかるように、多くの人にとって、

11月17日は、非常に楽しみな1日のはずです。

 

今年もみんなで、

ボジョレーヌーボーの解禁を楽しみましょう♪

 

スポンサーリンク

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

2 Responses to “ボジョレーヌーボー2016年の解禁日は?どんな意味があるの?”

  1. Sharll より:

    戦時中に禁酒令を布いていたフランス政府が、この日をヌーボーの解禁とした歴史的背景があったような気がしますが・・・真相は如何に?
    もっとも、ボージョレーヌーボーを世界的に売り込んで、解禁日を商業化したのはジュルジュドゥブッフ氏の尽力であることに間違いありませんが。

    • 管理人 より:

      Sharllさん
      コメントありがとうございます。

      歴史的背景があったんですか。
      勉強不足で申し訳ありません^^;

      ジュルジュドゥブッフ氏が、農家やドメーヌの
      活動をまとめて、イベントにしました。

      確かにそのおかげで、ボジョレーが世界中に
      広まったと思います。

コメントを残す

匿名や一言の単語は非承認とさせていただきます。

また、コメントは承認制のため、すぐには反映されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ